テレビドラマ振付

  • Day:2014.10.11 17:25
  • Cat:振付
今月放送されるドラマの、劇中シーンを振付しました。

テレビ東京 ドラマ24 玉川区役所 of the DEAD(第3話)
監督:河原雅彦
ヒロイン立花凛がアイドルになって歌い踊る『トクホのシグナル』
シュールでかわいいゾンビソングになりました。


wowow 連続ドラマW グーグーだって猫である(第2話)
監督:犬童一心
脚本:高田亮

ハーメルンの笛吹き占い師が、主人公演じる宮沢りえさんや2話の登場人物たちを導いていく幻想シーン。
ダンスをこんな場面で使うんだ〜!という犬童さんの演出がニクいっ!素敵!!
振付の一部でポーズの組み合わせをしたのですが、
各キャストに「自分の役を象徴するポーズを4つ考えて下さい。」とお願いし一緒に作りました。
豪華俳優陣たちによる可愛くおかしな踊りは必見。演技とはまた違った、愛おしい表情しています☆


グーグー台本

グーグー振り
振付表


音楽は高田蓮さん
個人的にも大好きな曲。振付できたのがほんとに嬉しかったです。






改めて、グラグラ団メンバー紹介


gragradan_bara-03.png
140510134019 のコピー
天野耕太(曲芸師) 
13歳〜18歳までスペインの「ベンポスタ子ども共和国」で過ごす。
子どもだけのサーカス団「Los Muchachos」で世界中を公演。
帰国後は、日本各地で曲芸やワークショップを開催。
演劇やライブにバランス芸で出演する他、
美術製作、通訳、詩作など活躍の場を広げている。
※バランス芸…円柱の筒を多方向に重ねて板を置き、その上に立っていく芸。
http://amanokota.jimdo.com


gragradan_bara-05.png
140510131659 のコピー
緒方祐香(ダンサー)
佐賀県出身、在住。幼少期より踊りはじめる。
NY留学を経て’06年より、「705moving.co」にてコンテンポラリーダンスを学ぶと共に、同カンパニーでダンサーとして活動。
近年は、チョン・ヨンドゥ、捩子ぴじんなど様々な振付家の作品に出演しながら、知的障害者を中心としたグループとの作品創作にも力をいれている。
’12より、金粉ショーチーム「The NOBEBO」の秋風リリーとしても勢力的に活躍中。



gragradan_bara-04.png
140510134217 のコピー
Alan Patton(音楽家)
アメリカ出身。造形作家としての活動を経たのち、音楽家へ転身。
プログレや東欧のロマ音楽をベースにした音楽を多数製作。
活動は、ライブ、メディアへの楽曲提供、多ジャンルアーティストとの作品制作など多岐に渡る。
近年は舞台作品での演奏も担当。
’09 パパタラフマラ『PUNK DON QUIXOTE』作曲・出演。
’12 タバマ企画『ワタシヲ サスラウ ウタ』出演、等。
http://alanpatton.wix.com/speedingfarm



gragradan_bara-01.png
140510124831 のコピー
Tomoko Alba(サーカスパフォーマー)
ダンス、演劇活動を経て海外へサーカス修行に出る。
「National Institute of Circus Arts」卒業。
「Perry bros Circus」にて経験を踏んだのち帰国する。
エアリエル、フットジャグリング、クラウンショーを中心に
多種目のサーカス芸で活躍中。
またダンサーとして、うえだななこ振付作品「残」(「踊りに行くぜ!!Ⅱ」)や、クラブイベントなどにも出演している。



gragradan_bara-06.png
140510131306 のコピー
ストウミキコ(振付家・ダンサー)
東京都出身。
“あなたと私のコラボレーション”をモットーに、公演・ワークショップを全国で展開中。
ジャンルやフィールドの異なるアーティストとの共同作品も多数発表する他、映画やPV、おまつりの振付なども手がけている。
2013年より自身の活動を【ミコラボ(ミキコとコラボレーションの意味)】と命名、活躍の場を広げている。
◇トヨタコレオグラフィーアワード2010ファイナリスト
◇第4回キッズワークショップアワード(NPO法人CANVAS)優秀賞受賞
www.micollabo.com



140510124453.jpg
よろしくお願いします〜


グラグラ団ワークショップ開催決定!!

★グラグラ団ワークショップ★

大分舞台芸術フェスティバル
『アコーディオンガクグラグラバランスダンス団』
10/18.19の本公演の前にプレイベントとしてワークショップを開催いたします。

fc2blog_20140414200942f42_2014091800350262c.jpg

10580155_634913669958971_3431169889327824167_n.jpg

10658532_634913666625638_5383874908177626524_o.jpg


作品中のシーンや、振付のアイデアを参加者のみなさんにも体験していただきます。
公演をより楽しんで観ていただけるはず^^
どうぞご参加お待ちしています。


【日時】10/13(月・祝)14:00~16:00
【会場】ホルトホール大分(スタジオA)
【定員】15名(経験不問)
【料金】1500円。※10/18-19の本公演チケットをお求めの方に限り500円OFF
【お申込】OITA'n DANCE ORGANIZATION
     メールフォームより、お名前・年齢・連絡先をお送りください。


WSooitaguragura2.jpg

WSooiitaguragura1.jpg
↑2012年別府で開催したワークショップ『ベップぷらっとまちダンス』より。
 別府のみなさまも再会できたら嬉しいなあ★





JINTAッタ&グラグラ団ゲリラLIVEやります!

グラグラ団、大分公演のプロモーションで
ゲリラLIVEを開催することになりました!

【出演】ストウミキコ 緒方佑香 Alan Patton

【日時】10/12(日)15:00~21:00の間
※およそ90分間隔で突如始まります。


【会場】the bridge / the ground noise
(大分市中央町3丁目3-19 tel:097-532-6656)

【料金】無料(投げ銭カンパにご協力ください)

企画協力:古原彩乃(STUDIO904)
協力:the bridge / the ground noise



そして、そして、19時以降のLIVEは……!?
大分でも大人気の、その場ちびっこ楽隊「JINTAッタ」を率いる
Tromba felice (ごきげんなラッパ吹き)オーノユキヨさんとの共演です!!

jintattasan.jpg

会場となるThe bridgeは、10/10にリニューアルオープン予定。
当日はアーティスト森貴也さんの展示も行われており、大賑わいの1日となりそうです♪
お茶飲みがてら、アート鑑賞とパフォーマンスを同時に楽しんでみては?
ぜひぜひお気軽にお越しくださいませ^^


ビデオレター

  • Day:2014.10.04 15:16
  • Cat:movie
10月になりました!
大分でのグラグラ団再演、まもなくです!

大分のみなさまへ作成したビデオレター☆



動画はグダグダですが、、
初演時にいただいた嬉しく厳しいご意見や伝えきれなかったこと、ブラッシュアップして、
ライブハウスの特性も活かしたアトホールバージョンでお届けいたします!

大分のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。




ドローンでおドローン

  • Day:2014.10.02 23:26
  • Cat:movie
10月12日@足立市場
野村誠 千住だじゃれ音楽祭「千住の1010人」



そのうちの1曲、伊原修太朗さん作詞・作曲『ドローンでおドローン』振付いたしました。
振付ビデオPV公開!!


私もところどころに出演していますww


当日は、アナン・ナルコンの音楽劇「スーパー・フィッシャーマン」に登場予定。

“単音で変化のない持続音”というドローンの意味に沿い、踊りも発展しません(笑)
ちょいとシュールです。

当日来場のみなさんもその場で踊れる簡単な振付。
ぜひぜひ 一緒に踊ってみてくださ〜い☆あと、演奏者も募集中デスっ。
(すみません。私当日いないけど。。)


ドローン振付イラスト
メンバーの能美さんが振付イラスト作成してくださいました!
すてき^^
映像と合わせあーてごらんくださいませ☆




企画:アートアクセス音まち千住の縁




合わなくてもつながってる。

9/20&21@大阪 たかいし市民文化会館 アプラホール
ワークショップ&ショーイング
『ダンスでみんなとつながる時間』終了いたしました☆


DSCF2008
発表時には一人で歩いてもらったランウェイ

DSCF2068.jpg
見つめ合ってポーズ!繰り返し!!


1411277796992.jpg
リーダーは、相手チームしか見えない


DSCF2045.jpg
気配を感じる



WSでも振付でも、いつも大切にしている“相手と目を合わせること”。
より意識してもらいたく今回のプログラムでは、
「目が合わない世界」「目が合う世界」2つの状況を設定しました。

その2つの世界をツアーするという構成で、2日目の最後にはプチ発表会。
どちらの世界でも“相手がいるから躍れる”ということを感じてもらえたようです。



DSC_0732.jpg
背中合わせのダンス


DSC_0698
目を合わせないで隣の人に触れます


tunagaruQ.jpg
参加者バージョンと、ダンサーバージョンのQシート



また、同じ構成による小作品も鑑賞してもらいました。
参加者たちは「そうなるんだあ〜!」「あの振り、あのやつじゃない!?」
と、おもわず声にだしながら観ていましたW
自分がやるのも、人のを観るのも、どちらにも興味をもつきっかけになってくれたら嬉しいです。
このスタイル、またやっていきたいなあ。。



+++++
アプラホールは、2013年2月、外山晴菜とのダンスカンパニー“キリコラージュ”活動休止前に最後の公演をした劇場でした。
今回ご縁が重なって、再び2人で訪れる機会をいただきました。
たかいしの皆さん、ほんとうにありがとうございました〜!!!!
そして翌週より、和歌山アート・キューブの公演と続くのでありました。