FC2ブログ

21世紀の女の子

  • Day:2019.02.20 16:11
  • Cat:振付
💐2/8~テアトル新宿ほか全国順次公開💐
“21世紀の女の子に捧げる挑戦的短篇集” 「21世紀の女の子」


企画・プロデュースでもある山戸結希脚本・監督『離ればなれの花々へ』振付をしました。
ダンスシーンということでなく、、芝居全てが踊りです☆
初稿読んだとき「ああ、この言葉を聞きたかった。自分の口から伝えたかった。」という衝撃でした。
各シーン動きのモチーフをイメージし、キャストたちとワークショップをしながら固めていきました。
身体からも山戸さんの言葉が届きますように。

◎webサイト
◎映画ナタリーいろいろ

“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”をテーマに、15編が並びます。
撮る覚悟があるように観る使命があるのでしょう。たくさんの人に観て欲しいです。

fc2blog_201902201611100a5.jpg

fc2blog_20190220161007d2b.jpg

fc2blog_201902201610356ea.jpg

fc2blog_201902201610173b3.jpg

fc2blog_201902201611236bd.jpg




カラダが材料

@府中第10小学校5年図工『カラダが材料』

めいいっぱい遊んで、笑って、見あって、最後に子どもたちに伝えていること。(と言いながら、、自分自身への言葉でもあります。)
目の前にいるキラキラのこの子たちがこのまま育ったら、ほんと、すごい人だらけの世界になるよ。

fc2blog_20190220153739a54.jpg

fc2blog_20190220153656337.jpg

——————————————————
「この授業でみんなに知ってもらいたかったことは、隣にいる人は実はものすごく面白くて、カッコいいんだということ。
毎日一緒に生活していると見逃しちゃうけれど、1人1人が輝く存在であるということを見届けてほしかったのです。
そして、隣の人というのは、あなたのことでもあります。
自分の姿を自分で見ることはできないけれど、クラスメイトたちが輝いていたように、あなたも輝いていました。
一緒に踊った人や観ている人を楽しませることができたこと、あなたは誰かを幸せに出来る存在なんだということを誇りに思ってください。
..
今日、いろんな遊びをやりながら、相手が思う通りに動いてくれないとか嫌な気持ちになったときあったかな?
それは、自分のこだわりと相手のこだわりが違う瞬間だったからだと思います。
相手がいるからこそ自分のこだわりを見つけられることもあります。
仲良い人とだけでなく、ちょっと意見や感性が合わない人とも関わってみることで、知らなかった自分に会えるかもしれません。
仲良くしようね、ということではないけれど、相手も自分も大事な存在です。
..
これからみんなはたくさんの人にも出会っていくし、お別れもあります。
(ミコラボとみんなもまた会えるか分からないし、10小のクラスメイト達ともあと1年でさよならです。)
これから出会う人のステキや面白いをみつけることをいっぱいしてみてください。
そしてその「ステキをみつける目」で、自分のことを見てください。
5年生の自分、6年生の自分、大人になった自分、ステキな自分を見つけ続けてください。
その目を持っていないから、他人の目、他人からの評価が気になるんだと私は思います。
でも、大切のは他人の目より、自分が見ているものです。
自分とは一生別れられないから、自分で自分のステキをみつけて、大切にしていくほうが幸せになると私は思います。
今日はサイコーのパフォーマンスを見せてくれてありがとうございました。」
——————————————————


fc2blog_2019022015384330d.jpg

fc2blog_20190220153919937.jpg

fc2blog_201902201536321ac.jpg

fc2blog_20190220153819d1c.jpg

fc2blog_20190220153939991.jpg

fc2blog_20190220153955458.jpg


fc2blog_20190220154120db8.jpg


実施風景はカメラマンbozzoさんのアルバムからもご覧になれます★

スタッフ、サポート、教員のみなさま、そしてSaya Mizu図工みずのっち先生、この場を一緒に作っていただきありがとうございました!
子どもも大人も、お互いの居場所を作り合っていけますよう。